雪の淡路島

淡路島旅行 薫寿堂お香造り体験 水仙郷 プチトマト収穫体験 イングランドの丘

なんぼほど好きやねんっ!という感じですが、またまた淡路島に行ってきました。

1日目。はじめにお香づくり体験をしに、薫寿堂に行きました。

まずは出来上がりの色を決めます。(ピンク、ブルー、イエローから)乳鉢に決めた色のお香パウダーと水を入れ、粉っぽさがなくなるまでまぜます。その後、好みの香りオイルを選んで入れ、色むらがなくなり粘土状になるまで練ります。

それをアルミ棒で薄く伸ばし、好きな形の抜き型で抜いていったり、おなじみの三角すい型を作れる器具で仕上げていったりします。

淡路島旅行 薫寿堂お香造り体験 水仙郷 プチトマト収穫体験 イングランドの丘

あとは持ち帰り、4~5日乾燥させたら出来上がり。

現在乾燥中ですが、置いているだけでも十分香りを楽しめます。

ちなみにutaはばーちゃんとコンビを組んで、ピンク&ピーチを。私とgakuコンビはピンク&すずらんを。だんなさんはイエロー&フローラルを製作。

香りが異なるものを作ったのがいいのやら悪いのやら・・・一緒に置いていると微妙な空間になるので、違う部屋に置いて乾燥中です・・・。

小さい子が1人ですべてをするのはちょっと難しいようですので、大人と組んで体験するのがいいと思います。お菓子づくりをする感覚と似ているようで、utaはかなり楽しんでいました。

2歳にはちょっと(大分?)難しかったようですが、5歳(uta)と4歳(甥っ子)は楽しみながら上手く作業を進めていましたよ。淡路島に行ったらぜひ体験してみてください。

その後、水仙郷へ。見頃の三連休ということもあってか、周辺はえらい混雑でした。一番近くの駐車場に待ちの列ができていたからか、路上駐車が目立ちましたが、取り締まりがあるので要注意です。

それより、少し遠くの駐車場に止める方が断然いいです。無料シャトルバスですぐ近くまで運んでくれますよ。

淡路島旅行 薫寿堂お香造り体験 水仙郷 プチトマト収穫体験 イングランドの丘

灘水仙郷は、下から見上げると、すごい急斜面に見えて上るのをちょっと躊躇してしまうのですが、上ってみて正解でした。香りがよく、清清しい気持ちになりました。ただ、水仙は上から見下ろすより下から見上げる方が美しかったように思いました。

淡路島旅行 薫寿堂お香造り体験 水仙郷 プチトマト収穫体験 イングランドの丘

二日目。朝起きて外を見ると、青空が広がっていいお天気だったのに、チェックアウトしようとロビーに下りると雲行きがみるみる怪しくなり、外は吹雪!(おおげさではなく!)子どもたちは大喜びでしたが、まさか淡路島で初雪を見ることになるとは・・・

ホテルをあとにしたあとは、じーちゃんがどうしてももう一度観たいと言っていた人形浄瑠璃を観ている間に道の駅”うずしおの丘”でおみやげを物色。そうこうしている間にまた晴れ間が見えてきたので、急いで目的地へ・・・。

もはや恒例になった、イングランドの丘での収穫体験です。ここのトマトといちごは本当に美味しいんです。いちご、トマト、プチトマト、大根をたっぷり収穫しました。

淡路島旅行 薫寿堂お香造り体験 水仙郷 プチトマト収穫体験 イングランドの丘

本当に甘いいちごです♪

しょっぱなに、受粉のために放たれた大きなハチの攻撃に合い、(実際はたぶんぶつかっただけ)一気に戦意消失したutaは抜け殻のようにベンチへに座り込んでいました・・・。

代わりにgakuがピンチヒッターとして登場しましたが、いちごの果肉をつぶすつぶす・・・

淡路島旅行 薫寿堂お香造り体験 水仙郷 プチトマト収穫体験 イングランドの丘

プチトマトから参戦。収穫を一番楽しみにしていたのはutaだったので、復活してくれてよかったです。

淡路島旅行 薫寿堂お香造り体験 水仙郷 プチトマト収穫体験 イングランドの丘

すっかり元気を取り戻して(トマトのところにはハチがいないので)、プチトマトを採りまくっていました。はさみづかいもなかなか上手でした。

淡路島旅行 薫寿堂お香造り体験 水仙郷 プチトマト収穫体験 イングランドの丘

3ショットがこれしかありませんでした。仲良し3人組。

果物もトマトも好きではないgakuですが、この時、摘みたてのいちごをまあ、食べる食べる・・・。プチトマトもぱくぱくと口に放り込んでいました。

その場の雰囲気かな?と思いましたが、家に帰ってからもプチトマトが好物になったようです。

こういうのを目の当たりにすると、やはり収穫体験が一番”食育”にいいように思いますね♪

さて。淡路島の移動中は、我が家の車中は寂しいものでした・・・。

utaは大の仲良しの甥っ子のRくんと乗りたい~と弟の車へ行き、gakuは「エスティマに乗りたい~」と車フェチ全開の発言でやっぱり弟の車へ・・・。

ということで、うちの車は私たち夫婦と叔母の3人きりというのがほとんどで、カーステから音楽が流れているだけといった感じでしたが、弟の方の車はかなりのにぎやかっぷりだったみたいです。

小さい頃からしょっちゅう会っているとはいえ、異性なのに本当に仲良しのいとこ関係・・・。見ていて本当に微笑ましいです。
家に帰ってきて晩ご飯を食べていると、utaが突然おいおいと泣き出しました。

「今からもう一度ホテルに戻りたい~」と言いながら、正に漫画みたいな泣き方でおーいおいおいおい・・・と10分くらいしつこく泣いていたので、「そんなに楽しかったのなら、絵を描くとか日記を書くとかしてみたら?」と言ってみました。

最初泣き出したときは「かわいいやつやね」と思いましたが、延々と泣かれたら「うざいねん!」ってな感じになりますわな。

楽しい出来事を振り返って涙を流すのは、もうやめていただきたいものです。

阪神間をあそぼうに掲載中
遊び場スポット 薫寿堂 イングランドの丘 灘黒岩水仙郷
場所      兵庫県淡路島
カテゴリー   体験施設 収穫体験 テーマパーク


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です