淡路島旅行記

淡路島旅行 ウエスティン淡路 国営明石海峡公園 淡路ファームパークイングランドの丘淡路ワールドパークONOKORO

少し前のお話になりますが、淡路島に旅行に行った時の話題を少し。

淡路島は私たちにとって大好きな場所で、年に1~2回は必ず訪れるプチリゾートです。明石海峡大橋を渡る値段がもっともっと安ければ、より頻繁に訪れるでしょうに。

いつもは1泊、場合によれば日帰りで行く私たちなのですが、今回は2泊3日のゆったり旅だったので行きたい場所はほとんど全部行ってきました。

淡路島に旅行される方の参考になればと思い、おすすめスポットをまとめておきます。

ウエスティン淡路・・・・・温泉を希望しない方なら絶対にここがおすすめです。”雲の上の寝ごこち”と言われる、ヘブンリーベッドはかなり極楽です。チェックアウトまでずーっと寝ておきたくなるくらい。ベビーベッドを希望すると無料で部屋に入れておいてくれるのですが、これがまた豪華!うちの息子なんてセレブすぎてびびってしまったのか、ほんの数分しか寝てないんですよ、もったいないったら!朝食のバイキングもかなりの豪華版です。

国営明石海峡公園・・・・・淡路島はどこも花と緑がいっぱいですが、ここはその代表格。きれいに手入れされた花や植物は必見です。園内が広すぎるのが難点といえば難点です。子どものための広い遊び場の巨大遊具は、大人でもわくわくしてしまうほどです。

淡路ファームパークイングランドの丘・・・・・果物や野菜を収穫できたり、小動物やコアラとふれあうことができたり、一度は訪れたい所です。今回は娘が、大根の種まきと芋ほりを体験。季節によって収穫できる野菜はさまざま。

淡路ワールドパークONOKORO・・・・・世界中の有名な建物が25分の1のサイズで大集合。すごいです。圧巻!一回りし終えた頃には世界一周旅行をした気分にちょっとだけなれます。子どもたちには世界の有名な童話のワンシーンを再現した”童話の森”を・・・と思いましたが、うちの娘は白雪姫のりんごをもったばあさんにびびって半泣き。ほとんど見てないし・・・。乗り物系は大きい子にはちょっと物足りないかもしれないけれど、小さい子なら十分楽しめる内容です。

◆信長、姫・・・・・教えたくないけど教えたいっ!淡路ツウの口コミだけで話題のグルメスポットに行ってきました。もうね、激ウマっです。淡路に行く機会があったらぜひ行って欲しい。海の幸中心の厳選素材を使用した一品一品。素材のうまみを十分に生かした味付け。その日に仕入れたいい食材によってメニューが決まるらしいので指名しても食べられない可能性はあるらしいですが一応指名してみてください。”うにステーキ”。うにがたっぷりとのった淡路牛のステーキ・・・・ああ、おなかすいてきました。シメのたこめしがこれまたっ!

とまあ今回はこんな感じでしたが、他にもたくさんおすすめスポットがありますよ。

淡路には離乳食を出してくれたりベビールームがあったり、子どものアレルギー食を作ってくれたりする子連れ歓迎のペンションがたくさんあるんですよね。そういうところを利用するのもいいかもしれません。

冬になったら種まきをした大根の収穫をしに行く予定です。

阪神間をあそぼうに掲載中
場所 兵庫県淡路島


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です